2017年05月20日

5/4 まだ新しいLÖYLY(ロウリュ)へ行くため、予約のあれこれ、そしてアクセス。

ロウリュ→という、今ヘルシンキで話題のサウナがあります。
DSC_0167.JPG


フィンランドはサウナ発祥の地。サウナ自体、フィンランド語でもあるのですが、
折角行くなら、話題のスポットへと思ってました。

ただ、マリメッコのお買い物が何時までかかるかわからなかったので、予約してませんでした。

お買い物の荷物を持ち帰り、ネットから予約を試みるも、クレジットカード決済となってました。

手持ちのユーロが余っていたので、現金で支払いたく、ホテルのフロントのお兄さんに、電話で予約をしてもらいました。

時間は17時で。

ホテルからは、2番トラムでKamppiまで移動。
そこからは、14番バスで、10停留所程を経ていくと、目の前でバスが停まります。

土地勘が無いので、早めに出たところ、予約の17時よりも早く、16時に到着。

すぐ、サウナの受付に行こうとしたら、係の方が「サウナ?」と聞いてこられました。

「ここで、コートと靴を脱いで棚に入れてね〜」と仰り、改めて受付で
「17時に予約してたけど、スタートを今からしても大丈夫?」と聞いたら、OKでしたので
16時からスタートしました。

お客さんは6人ほどで、私が行ったときはお客さん少なめでしたが、
ロッカーの数が決まってるので、遅めに行く方は
予約したほうがいいと思います。

こちらは女子ロッカー
DSC_0158.JPG


屋内の休憩スペース
DSC_0160.JPG

サウナスペースはパブリックスペースなので写真は撮れませんでしたが
20名くらいは一緒に入れると思います。

あっ、大切なことを忘れてましたが、こちらは水着着用で男女混浴になります。

なので、日本から水着も持参していきましたよ。


こちらは、外の休憩スペース。この椅子に座って涼みました。
DSC_0161.JPG

ここは中の休憩スペースですが、右に曲がると暖炉のスペースがあります。
DSC_0164.JPG

はるか彼方に、大型客船も見えるような、バルト海の目の前の建物なんですよ。
DSC_0166.JPG
温まった体をバルト海に入って冷やしてる方もいらっしゃいました。

ここは2時間まで利用できます。
でも、1時間30分程で出ました。

この写真はレストランスペース。サウナだけではなくレストランもされてるので、サウナ利用しなくても、食事やお酒が楽しめるようでした。

DSC_0165.JPG
posted by りん。 at 17:00| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 2017年5月 フィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお、リゾートですね、もう雰囲気が。
日本のサウナとイメージが全然違いました(笑)
フィンランド良いなあ〜とますます思いました^^)
Posted by さきゅ at 2017年05月21日 09:04
さきゅさん、こんにちは。

ココは話題のスポットの1つのサウナで、お金があれば、サウナ貸し切りも出来ますが、一般の方と混ざって入りました(笑)

日本でサウナにほとんど入らないのですが、本場ではぜひ体験したいと思ってたので、行けてよかったです。

次に行く機会があれば、観覧車サウナに入ってみたいです。
観覧車の1個がサウナになってるんですよ。
迷ったのですが、ロウリュに行った次第です。
Posted by りん。 at 2017年05月21日 18:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449791682
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック